【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2015年07月03日

怒涛の七夕

最近は、7月1日に『ナイゲン(全国版)』のチケットが発売されました。
愛する母校・国府台高校の文化祭前の会議をモデルにした『ナイゲン』という会議コメディの、たぶん劇団では最後の再演で、初のツアー公演です。
特設ページが出来て、チケット予約の方法も書いてありますので、どうぞ覗いてみてください。
特設ページ⇒こちら
チケット予約⇒こちら
これに関しては後ほど詳しいことを書きますね。

あと、いつの間にか7/7がイベント目白押しな日になってきました。
アガリスクが複数の劇団や役者を公募して開催している「新宿コントレックス」というオムニバスのコントライブイベントがあるのですが、何の因果か、今回は出場団体が集まらなかったため、出場団体全部アガリスクで開催することになりました。
一応「新宿コントレックス」としてやりますが、実質は、初の単独コントライブ。

詳しい経緯とかは こちら をご覧ください。

最初は「さて、どうしよう」だったわけですが、途中からはもう初の単独コントライブとしてテンションあがってます。
演目は、
『エクストリーム・シチュエーションコメディ(ペア)淺越・塩原組』
出演:淺越岳人/塩原俊之
言わずと知れた(?)アガリスクの短編の代表作。先日の劇王天下統一大会・東京予選で決勝まで進み、海外シチュエーションコメディが嫌いな人まで唸らせた自慢の一品です。
ありがちな海外シチュエーションコメディの5人芝居を無理矢理2人で演じ分け、それによって元々のコメディとも別の階層でも笑わせる、メタ・シチュエーションコメディ。

上記の映像よりさらに進化した・劇王天下統一大会東京予選Ver.通称「劇王号」でお届けします。

『お父さんをください』
出演:淺越岳人/塩原俊之/沈ゆうこ
演劇の短編動画投稿企画「クォータースターコンテスト」に出品し、何本かに選ばれて取り上げられたりもした、密かな人気作。
娘と彼氏がお父さんに結婚の許しを願い出る、いわゆる「お嬢さんをください」ではなく、父親とその彼氏が娘に結婚の許しを願いでる、「お父さんをください」。同性婚とかのニュースが話題になる昨今を先取りし、というか同性婚どころじゃなくどんどんエスカレートするイレギュラーな愛の形で、色んなハードルを無化してしまう行き過ぎた展開の自慢の一品。

先日のコントレックスでさいとう篤史率いるジョナサンズにカバーされた本作を、オリジナルのアガリスクが、女性キャストを鹿島ゆきこから沈ゆうこにかえての再演です。

『LiePhone4S』
出演:淺越岳人/塩原俊之/鹿島ゆきこ/沈ゆうこ
過去に、舞台セットを立てなくても嘘ついたり誤魔化したりするシチュエーションコメディはできるとわかっていましたが、今度は“場所の概念をなくして喋るだけで展開できないか?”ってことで電話のやりとりで進行する嘘つき合戦です。で、「電話で嘘つくといったら仮病で欠勤だよね!(←クズの発想)」と。「電話から始まるコメディ」は数ありますが、これは「電話で進行するコメディ」という世にも珍しい自慢の一品。

本作を『フォーン・ブース』に捧ぐ(嘘)。

『P3/4』
出演:淺越岳人/塩原俊之/鹿島ゆきこ/沈ゆうこ
ナイゲンやら揉めたい方程式やら、「一人脱落コメディ」が大好きなアガリスクがお送りする、最新の一人脱落屁理屈バトル。「4人の男女の前に3連のプッチンプリン」という絶対状況(?)での、議論と騙し合いと化かし合い。“屁理屈シチュエーションコメディ劇団”の面目躍如となる自慢の一品。

議論と牽制のし合いによる笑いの現行の最新作です。

以上の自信作四作でお届けします。順番は当日のお楽しみに。
ついでに、いつもは役者とかアイドルとかにお願いするMCもアガリスクエンターテイメント。舞台上にアガリスクエンターテイメントの人しか現れない、という、純度100%のアガリスクエンターテイメントコントライブです。

そういや、アガリスクエンターテイメントが新宿コントレックスというイベントを始めたのは、自分達が本公演以外でAC(アガリスクコント)という短編を創作して披露する場を作る為でした。
そして、アガリスクコントというシリーズを始めたのは、「劇団なら劇団員だけで作品を発表できなきゃな」という思いからでした。
昨今の小劇場演劇は、個人や少人数のユニットが沢山あって緩く連帯してる風潮があります。勿論、それが悪いとは思わないし、実際にウチも本公演で色んな客演の役者さんに助けられて公演を打っています。
でも、やっぱり劇団というものでレパートリーをもちたい、オリジナルのメンバーだけで作品を発表で来てこそ劇団なんじゃないか、という思いが強くあります。
そう考えて、新宿コントレックスをはじめ短編のコントを作るときには劇団メンバーだけで作っています。このメンバーが、この劇団が、このジャンルだから出来るコントを作ってきたつもりです。

そして新宿コントレックスという場を得ていくつかのコントを作ってくると、「劇団メンバーだけで、コントだけで公演が打ちたいな」という思いも芽生えてきます。
でも「こじんまりとして見えないかな…」「長編みたいな“お話”じゃなくても見に来てくれるのかな…」などと心配して、なかなか実行に移せずに来ました。

ところが、こんな形で劇団メンバー単独のコントライブの話が降って湧いてきました。
最初は「出場団体がいない…どうしよっか…」だったのですが、「もういっそ単独でやろっか」と腹を括ってからは、いっそ燃えてきました。
それぞれの作品は、よそのお笑いのライブでも、コメディの公演でも、ついでに言うとウチの本公演でもなかなか見ないタイプのコントばかりです。
新宿コントレックスでは主催者の権限でトリをつとめさせてもらっているのですが、毎回、興行のトリとしてしっかり盛り上げてフィニッシュを迎えてきた自信作ばかりです。
お笑い芸人みたいな素の面白さも、ひたすら役を生きる演技力も、どっちもそんなに自信のない我らが、知恵と閃きとK.U.F.U(工夫)でネタを作って観客を笑わせてきた、その研究発表です。
あとは客席にお客様がいらっしゃれば、最高の夜になる予感がしています。
平日の夜に1ステージという激レアで足を運びづらい日程かもしれませんが、伝説の一夜にしましょう。
ご来場、心よりお待ちしております。


■□■□■□■□■公演情報■□■□■□■□■
アガリスクエンターテイメントpresents
新宿コントレックスVol.14
【日時】
2015年7月7日(火)19:30開演
※開場は開演の30分前、受付開始は45分前です。
※上演時間は2時間弱を予定しております。

【会場】
新宿シアター・ミラクル
(JR新宿駅東口出口より徒歩約10分)

【料金】
前売・当日ともに1,800円

【チケット予約】
ご予約は こちら から
もしくは冨坂まで、メール、電話、Twitterなどなどでご連絡頂ければ幸いです。

【出場団体】
(出演順)
・アガリスクエンターテイメント
・アガリスクエンターテイメント
・アガリスクエンターテイメント
・アガリスクエンターテイメント

【MC】
アガリスクエンターテイメント

【お問い合わせ】
E-Mail:


WEBサイト:http://conterex.agarisk.com


あと、同じ7/7に、シナリオ書いた作品がはじめてTVでオンエアされます。
『怪獣酒場 カンパーイ!』という短編アニメーションのシナリオを描きました。ウルトラ怪獣たちが夜の酒場でクダをまく様を描いたFLASHアニメ風の短編アニメーションのコントです
小さい頃、僕は仮面ライダーよりもウルトラマン派でした。父親がたまにウルトラ怪獣のソフビを買ってきては家のどこかに置いておいてくれるのを楽しみにしていましたし、最初のウルトラマンから80までの全怪獣の載っている怪獣図鑑は、破れては補修してを繰り返すほど読みました。
そして、FLASHアニメーションのコントといえば、アガリスクエンターテイメントの初期に作っていた『その時歴史がウゴイタ?』です。ここで毎週のようにFLASH用のコントを書いては録る、修行のような日々がありました(まぁ最も大変なのは作画と編集をしてたピエールでしたが)。
TVなどの外部メディアでのシナリオの仕事をさせて頂くようになってから、はじめて作品としてO.Aされる番組が、ウルトラ怪獣のアニメーションのコントというのは、何やら運命的なものすら感じてしまいます。

企画の立ち上げのところから誘って頂き、最初の方の話のシナリオを担当させて頂きました。
残念ながら僕は上記のコントレックスの本番中のため、オンエアは見られないのですが、宜しければ皆さまはチェックしてみてください!

『怪獣酒場 カンパーイ!』
<放送・配信予定>
【TOKYO MX】2015年7月7日(火)〜 毎週火曜日21:55〜22:00予定
【BS11】2015年7月9日(木)〜 毎週木曜日23:54〜24:00予定
配信:バンダイチャンネルほか予定
<スタッフ>
監督:河崎 実(『地球防衛未亡人』『いかレスラー』『ヅラ刑事』『日本以外全部沈没』他)
脚本:河崎 実・中野 守・富坂 友 他
キャラクターデザイン:エラダレイジ・清水誠一郎(3D)


そんなこんなで、怒涛の7月を経て、8月の黄金のコメディフェスティバル(8/22〜8/30@シアター風姿花伝)や10月11月の『ナイゲン(全国版)』につながっていきます。
夏から秋と色々あるので宣伝とかも沢山するけど、どうぞよろしくお願いします。


posted by 冨坂 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。